~Oklahoma life~     アメリカ高校留学 EL RENO

16歳の夏から一年間アメリカ オクラホマに交換留学そして帰国…今度は大学進学を目指しています

2020年の大学入試はいつもと違う

9月に入り心配されていたアメリカ留学組もみんな無事に旅立ちました。

 

カナダ組は残念ながら出発は未定の様です…

 

日本の大学は再開した所とまだの所に別れています。

 

 昨日街でバッタリ出会った友人は『今から大学の授業料払いに行ってくる、一度も登校していない学校のね!おまけに、設備利用料も!』

f:id:animo8:20200910085453j:image

 

一度も登校していないのに設備費を払うのは負に落ちないですね。

 

そして、彼女の息子さんが通っている大学はどうやら今年1年間は登校無しの様子

アルバイトに明け暮れているそうです。

 

大学ってキャンパスライフを込みで大学生ですよね?

 

現役大学生が学校に行けないのだから今年の受験生は大学の見学に行けません。

学校見学はオンライン

想像なんです!

とりあえず、受験前に学校の入り口まで行ってみたら良いですかね?どこに学校が有るのかすら把握していません。場所さえGoogleマップで想像。

 

こんな世の中になるなんて驚きです!

 

しかし、小学校から私立に通うお友達は中3の時から大学に顔を出して名簿に名前を書きに行ったりしていたそうです。驚き!

将来を早いうちから見ることができる親御さんは早いうちからちゃんと努力してるんだな〜と知りました。

 

仕事も学校もオンラインになる事でどこにいても誰にでも平等に仕事や学びが出来る様になりましたが人間どうしのコミュニケーションが減ってしまいました。

違和感を感じます。

 

入試の内容も従来の物から大きく変わります。

ICUのAO入試に感して言えばグループディスカッションが無くなり、面接はオンラインになります。

娘はグループディスカッションを楽しみにしていただけに残念です。

 

娘の今後の予定が決まりました。

ICUのAO出願9月

結果発送10月

ダメだったら神田外語大のAO後期にチャレンジ、ダメだったらアメリカの大学にチャレンジ

 

現在は出願書類の作成をしています。

他の学校に比べ用意する書類が多いそうで日々苦労している様子。出願動機はみんな1か月かけて書いているそうです。

昨日は学校でこんな志望動機の文はいけない、

といあ授業があったそうで

その例文はなんと実際に検索提出に出した生徒の物を使うと言うなんとも恐ろしい授業だったそうです。

もちろん、名前は伏せているけれで文の内容で誰のかは大体分かると…

例えば『私は高2の時1年間留学をしていました』その文だけでクラスの5人に絞られます

読まれた本人はクスクス笑っていたので大丈夫だと思うけど…

あれはダメだよ〜と嘆いていました

 

AOの子は9月に出願の子がほとんどですが

このギリギリになって

『ママ、小論文の意味が分からないから塾に行きたい』と言われたから来週から塾に行かせるわ!っと、お友達からメールが来ました

塾の先生には落ちた場合の学校も決めておいてください!と言われたそうです

中々塾の先生から聞く言葉では無いですが9月に入塾で9月に大学に書類提出ですからしょうがないですね!

f:id:animo8:20200910085527j:image

 

もう1人のお友達はお手上げ。

勉強しなさい、ケンカ の繰り返しで疲れてしまった様子。自分のやって来た事が結果として現れるからもう何も言わない、もしも合格してくれたらお金は出すと。

 

個々に受験スタイルも取り組み方も違って今は親も子もバタバタしている様子

これが大学受験という物なんだなぁ〜と分かりました。子育ては初めてですから私も日々成長している最中です

 

ICUの書類提出もついに来週までとなりました。

ギリギリまで粘る様子。。。。

イライラしているのでこちらからは近寄らないようにしています。